当院の院長が糖尿病の新しい治療薬に関する発表で第39回徳島医学会賞を受賞しました。

当院の院長が糖尿病の新しい治療薬に関する発表で第39回徳島医学会賞を受賞しました。

平成30年2月11日に徳島大学蔵本キャンパス内の大塚講堂で12時50分から徳島医学会賞授与式が、13時10分から徳島医学会賞受賞講演が行われました。
受賞講演の内容は原著論文として、四国医学雑誌74巻1,2号47~54 APRIL25,2018(平30)に 当院におけるSGLT2阻害薬80症例での検討-SGLT2阻害薬は最強の糖尿病性腎症治療薬である-として掲載されました。
ご一読下さい。

論文詳細はこちらから>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です