■■■ 無題 ■■■
 title : 無題 -

■ 1:匿名希望 - 09/23 17:42 ( Mac OS X ) [1196]
先日ご相談させていただきありがとうございます。再度ご相談させてください。左右網膜裂孔でレーザー治療しました。発見された時は大して飛蚊症もなかったのでびっくりしました。その後治ったと言われましたが飛蚊症が術前より明らかに増えているのと、家の照明が眩しく痛みまである時があります。家でサングラスをかけている状況です。主治医は定期受診で飛蚊症は仕方ないととりあってもらえません。散瞳検査はしていないので心配です。以前裂孔が発見された時は隅々まで見てもらえたのですが簡単に見るだけで大丈夫ですか?また再発していませんか?飛蚊症は増えても気にしなければいいですか?



■ 2:猪本眼科医 - 09/28 09:01 ( Windows NT 10.0 ) [1199]
遅くなり申し訳ありません。飛蚊症は、レーザー治療しても基本的にはなくなることはありません。自覚的に増えているそうですが、硝子体の中の濁りは移動することがあるので、見えやすくなっているだけかもしれません。でも、納得できないようでしたら、かかりつけの先生に、散瞳下の検査を依頼すればいいのではないでしょうか?

名前
メール 
本文
※本文の文字制限数は2000文字に設定されてます。
URL
添付



[BACK]


[HOME]